トップページ > オレンターノPRESS > Vol.09 常澤聡選手インタビュー

オレンターノPRESS

Vol.09 常澤聡選手インタビュー

いつでもチャンスを活かせる様、日々精進!
出場のチャンスを得た今季を振り返りいかがでしたか。
ホーム戦ではもちろんなんですが、アウエイでも多くのサポーターの方に迎えられ感激でした。去年はチャンスがなかったのですが、今季は終盤に出場チャンスをもらった時には、「プレイで恩返しをしたい!」という思いで、プレッシャーを力に変えて自分なりにがんばることができました。何とかJ2残留となって、ひとまず最低限の役割をクリアできたと安堵しました。
川口選手の存在はいかがでしたか。
大先輩の川口選手は、子どもの頃からの憧れの存在でしたから同じチームでプレイできるなんて夢のようでしたし、本当に嬉しかったですね。キーパーのプレイや役割に関してはもちろんですが、日々の練習やトレーニングのこと、サッカーに対する真摯な姿勢などに間近で触れ、いろんなことを学ぶことができて本当に充実した日々でした。
ルーティーンはありますか。
テーピングは左手からしますが、特にルーティーンはありません。今はどんな状態でも力が出せるよう、フラットにいるのが自分にとってベストのように思います。
昨シーズンは一度も試合に出るチャンスがありませんでしたが、いつチャンスが来てもいいように準備はしていました。今季ももちろんいつでもいけるように準備をしていました。
普段から大切にされていることは。
まじめに「日々精進」することですね。そのお陰で、今季、出場チャンスが来たときにも慌てることなく力を発揮することができました。
根がまじめなので、やるべきことはきちんとやるタイプなんです。学生時代も、サッカーも勉強もしっかりとやるべきだと考えてやっていました。いろんな経験をすることも様々な知識をもつことも、人生でもサッカーでも無駄ではありませんから。常に学ぶ姿勢は大切だと思っています。
来季に向けての抱負を。
今季みえてきたたくさんの課題を克服をしながら、終盤にはJ1昇格争いの中で戦っていたいですね。その中で、キーパーとして皆さんに喜んでもらえるプレイをしていきたいと思っています。ゴール付近のせめぎ合いは、見ていてハラハラすると思いますが、自分のウリでもあるシュートへの素早い反応や1対1の間合いの取り方などに更に磨きをかけ、ワクワクドキドキ楽しんでもらえるようにがんばりたいと思っています。あと、厳しい試合展開の中で岐阜が得点した時には、思わず膝をついてガッツポーズをしているので、そこもお見逃しなく!
サッカーをやっている子どもたちへメッセージを。
子どもたちには、まずはサッカーを楽しんでもらいたいですね。「楽しい!好き!」という思いが、その先の苦難を乗り越える力となり、成長につながる基盤となりますから。あとは、勉強ももちろん、その時やるべきことはしっかりやっておくことも大切ですよ。 サッカーをやっている子もやっていない子も、たくさんの子どもたちに応援に来てもらいたいですし、子どもたちが憧れるチームにしていきたいですね。
  • name

オフィシャルスポンサー

相互リンク

ページの先頭に戻る